三重県伊賀市の念佛寺から発信いたします。 檀信徒の皆さんや多くの方々にお読み戴ければ幸いです。
 
2019/06/29 20:18:02|行事
五重講

茹だるような蒸し暑さの6月29日土曜日。
蚊が入って来ても構わないからと
全開に扉を開け放った本堂ですが、
肝心の涼風は微塵も入って来ませんでした。


 



今日、吉水講が奉納したのは『選択集の和讃』。
『選択集(せんちゃくしゅう)』とは、
正式には『選択本願念仏集』といい、
法然上人が撰述された浄土宗の根本聖典です。
「この世に数多ある仏法の中で、
 ただ念仏だけが阿弥陀如来の選ばれた本願の行である」
というのが法然上人の御教えであり、
そのことが記されているのが『選択集』という書物です。
法要後に住職からは、そんなお話しをさせて頂きました。


午後からは、総本山知恩院おてつぎ運動本部から
教化映画の出張映写に来ていただきました。


 

上映されたのは『そして これから』。
交通事故で夫を亡くした女性が、浄土での再会である
倶会一処(くえいっしょ)の教えによって救われていく
というストーリーで、主演の古村比呂さんの他、
赤井英和さんや黒澤年雄さんなどの出演でした。

その昔だと、出張映写というのは、オープンリールの
映写機を回す大掛かりな催しだったと思いますが、
現代ではコンパクトなプロジェクターと
上手にたためる手軽なスクリーンのおかげか、
いまひとつ迫力に欠けると言ってしまっては、
せっかく京都の本山から来てくれた職員さんに
申し訳ないでしょうか。
いずれにせよ、薄暗くエアコンの効いた室内は快適でした。


 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。