干物ヲヤヂの日記?ブログです。大好きな綾瀬はるかさんのこと、鉄道、旅、酒、ゴルフなど。
 
2017/05/12 17:27:00|鉄分をとろう[鉄道]
コンテナの誘惑

貨物列車の 何がいいかというと・・

これも説明しづらい 
けど やっぱり 物流のパワー っていうかね
あんまり知られていないかもわかりませんが
東海道線なんて 深夜は貨物列車のオンパレード
(最近は長距離トラックのドライバー不足が話題ですね)

だいたい20〜25両位ののコンテナつないでます
フルスピードで走ること多いし
通過時間けっこう長いし
機関車の汽笛も  転動音(ガタンガタンw)もいいし

そして コンテナの色とデザインがね

これが泣かせる
説明しようとしても 絶望的になるんだけど

いってみれば
麻雀の牌 の並びに対する第一印象的な・・w

画像1枚め のような 緑一色(福山レールエクスプレス: ラインには赤が入ってますが)
貨物の場合 赤一色(JRFコンテナ)もあります
(あ そう タキ車の緑一色もアリ)

そしてカラフル・多様な 私有コンテナ
これがいい RUNTECさんのコンテナなんか 意味もなく大好きw

そして コンテナの並びが
コキ一両に 同じ(20ftコンテナとか)のが3個の場合 → アンコ(暗刻) → 画像2枚め

コキ一両に 同じ(31ftコンテナとか)のが2個の場合 → トイツ(対子) → 画像3枚め

どうです 
そー聞けば あなたもコンテナ並びに役がないか 気になるはずww
今のところ JR貨物さんは 
緑一色 赤一色 白(銀)一色 の他は 二十四暗刻とか二十対子とかを 意図的に作っているケハイは残念ながらwありませんw

いや シーサンプトウ(十三不塔)とか 国士無双のようなバラバラ感もまたいいし
麻雀の役にはないけど 特定の柄の変わりばんこ とかも捨てがたいw

画像4枚目のような なんか美的に優れているコキ一両もまた孤高の素晴らしさw 

どーでしょう
コンテナ並びの楽しさ 伝わりますか

また いい並びを見つけたら upします (しなくていい?)

ではまた
貨物列車にハマりかけの himonowoyaji でした

画像 1枚め  5月11日 4:56頃 下り
2枚め  同 9:05頃 下り
3枚め  同 5:42頃 上り
4枚め  同 9:05頃 下り
いずれも 東海道線 149km付近







2017/05/12 17:04:00|鉄分をとろう[鉄道]
「桃太郎」に恋して ? 

こんにちわー
ホタルイカや初ガツオ の季節 よい気候になってきました
さて woyajiには 「」分があり
そのきっかけが 幼いころに 東海道線 富士駅で夜明け前に見た
上下 次々とひっきりなしに通過していく貨物列車 に イタく感動してのこと という話を カミングアウトしたこと
があります が 

実は最近 youtubeで 度々 貨物列車の走行動画を見ているうちに w
貨物列車愛が再び湧き起ってきて・・ だんだん おさまらなくなってきた

で なんだか 鉄道模型(今は貨物列車のみ)にも関心が・・w
今まで 近づいたことなかったのに
高い機関車のHOゲージ模型 買ってしまいました・・w

で 鉄道写真・・w も 撮りたくなって
一昨日 (わざわざ)取りに行ってまいりました w
実は もちろん以前から(何でも撮るので)機会あれば 鉄道写真も撮っていました 
が 振り返ってみると 「わざわざ」取りに行ったことはなかった ので 

まあ それだけ 時間的余裕ができたということかもしれません

そして 表題の件
やはり自分を診断するに 貨物列車萌え であることに間違いなさそう
対象に詳しいわけでは(全然)なくて
ただ  コンテナとか いっぱいつないで
高速(100km/h以上とか)で走っているのを見るのが好き
(低速は低速で またよいw)
で 電気機関車 全般が好きなんだが 新しめのが好きで
そして どういうわけか EF210 の100番台(シングルアーム・パンタ) のが一番好き

なんでか はわかりません
あえていうと このコは・・ 写真映りがいい?? 
からかな  お気に入りのデザインというべきか

愛称は「桃太郎」 

ちょっと 話が長くなると たぶん読んでもらえないので
後は おいおい w

で 一昨日の話は  
朝2時半に起きて (1時半に起きるつもりが ついのんびりw) 滋賀県へ
googleでいくつかポイントを検討し
東海道線 篠原〜野洲間へ 着いた頃は 東に厚い雲もあってまだ真っ暗
西空には 満月がありましたが w

数本の列車を 暗闇で動画 (E-kiss4)で撮ろうとすると バッテリーが弱いのか 寒すぎw なのか 途中で止まってしまう
せっかく スーパーレールカーゴ 撮るチャンスだったのに w

夜が白んできた頃 場所を少し移動 して 
これらの写真を撮影 (いーーっぱい撮ってしまいました)

1枚め   4:56頃 下り EF210-169
2枚め   8:46頃 下り EF210-172
3枚め   5:42頃 上り EF210-147
4枚め  10:53頃 下り EF210-130
いずれも 479km付近  列車番号は自信ないので省略w

 







2017/04/13 16:58:00|まにあなシリーズ
紅芽の山桜

こんにちわー
桜の季節

伊賀は 幸い? 開花が遅く 先日の風雨続き もうまくやり過ごせて 
まだ満開のソメイヨシノ が多いです
woyajiは ここんとこ桜の写真を撮りまくっていましたが
以前 仕事や家庭の事情を抱えていた頃には
好天があっても 急には動き回れなかったのでw
できるときには走り回っておこう と

で 中でも 紅芽の山桜は  
探してでも撮りたくなって 撮れたらupしたくなってしまいますw

木の葉の色というのは
木の 遺伝的性質と
その土地の土壌の微妙な違いや
その時の 気候条件などで 変わってきて
色味や濃淡が 一定ではない

最近わかったこと
芽と若葉が美しい紅色のカエデも
芽のついた枝を折って
水に差しておくと そのまま育った枝よりも
相当薄い色になってしまったw

かくも 再現性が・・ w

まあ 自分にコントロールできないことに執心してもしようがないので 美しい姿の木があれば それを見て愉しむことに

そして 4枚めの画像は
ウチの庭の桜 にも 
植えてから長い間咲かなかった 桜の 花が 何輪か 咲きました  
カワイイw
どーしてもっと咲かないのかは謎ですがw
これも まあ よしとしよう

ではまた







2017/04/13 16:13:00|まにあなシリーズ
快慶 特別展

こんにちわー
いつまでも寒い寒い と いいたくないのに いってしまう へんな年
そんな中 昨日  奈良国立博物館へ
特別展 「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」
を見に出かけてきました
奈良に縁の深い けわゆる慶派の 双頭
運慶 と 快慶

興福寺 中金堂の再建 とも関連して
また 興福寺の阿修羅像をはじめとする仏像ブームwで 一昨年かもう少し前からか  秘かな?ブームになっています
で  今年は 
4月から 奈良で 「快慶」
10月から 東京で 「運慶」の特別展 となっています
東京は きっとまた混雑することでしょう

woyajiのまちから 奈良公園はわりと近いので
クルマでもJRでも 出かけやすくて 助かります
だいぶキレイになった JR奈良駅周辺
旧奈良駅舎は 「奈良市総合観光案内所」として
とてもうまく活用されていました
ここから奈良公園は 外人さんでいっぱい
奈良公園では いつもの如く 
みんな シカと愉しく戯れていました w

快慶は その手による作品=仏像は かなり多くて
見きれないくらいあるわけですが なんといっても 
米 ボストン美術館蔵の 弥勒菩薩 立像 
がお目当て これはなかなか見れないですから

この 妖艶ともいえる身体のくねりと柔らかい表情
これが この作品から快慶が仏師としてスタート したといってもいいくらいの「初期の」作品ですから  本当に すごいです
他にも優れた作品は数多いのですが
どこかで この弥勒菩薩の雰囲気を探して
「あーー 快慶だ」って思うところがあります
一方 金剛力士や天部などの武人ふうの像は
憤怒の表情となると もうシロートには快慶らしさを 見つけることができないところまで変わります (彼らは どうとでも彫れたんだな きっと)
うーむ  深い 深すぎる とても 駆け足で見れない・・・

てなわけで 秋の運慶展の前哨戦
今年は 日本中に  運慶・快慶にくわしい人がきっと増えるな

woyajiの見方は・・
彼らが活躍したのは 鎌倉幕府の成立前後
治承四年の 平重衡の軍勢の南都攻めによって

聖武天皇の詔以来 国の全力を傾注して作られた東大寺や 興福寺などが (結果的に)焼け 灰燼に帰した
どれほどの 損失と精神的打撃であったか
平家物語や多くの記録が伝えるところですが

その焼け野原から 屈せず起ちあがり
各 大寺の再建の 仏像という根本精神に直結する部分を
中心となって 作りだしたのが慶派の仏師たち
もちろん企画した朝廷(役所)や 東大寺のスーパー高僧 重源の力もありますが
南都復興のモチベーションの塊であった運慶や快慶は
中心的存在であったと思っています

まさに 
「この国はスクラップアンドビルドでのし上がってきた」 の典型先例だと
彼らは 新しい鎌倉彫刻を導いたとして 世間では位置づけられていますが

woyajiは 職人の世界の 力強い復興の時代の仕事に思いを馳せるのです

運慶展が 今から楽しみです


P.S.
帰りに乗った JR関西本線の車両 (キハ120)
桜の名所 JR笠置駅で なんだこりゃ という ペインティング列車 (画像4枚め)
京都府 南山城地域がお茶の産地であることをPRしたものでした
YAMASHIRO RECCHA ← RECCHAって何のことだ?
と思ったら
列車 レッシャとおチャ をかけているのでした →レッチャ w
少なくともガイジンには わからんで w  


 







2017/04/08 11:46:00|自然風
ようやく春 w

こんにちわーー
春ですね っていうか 伊賀にもようやく春が来ました

きのう 今日は ちょっと雨っぽい空模様ですが
さすがに暖かく w
この辺の ソメイヨシノも一気に咲き始めました

で ウチの近所の遊歩道の桜を撮ってきました
まだ 五分〜七分咲き といったところ

暖かいのでどんどん開きつつあると思いますが
隣の 上野南公園の方を眺めてみると まだ 全然咲いていない
コレはナニか ?
市街部(住宅地)と 山林部分の 周辺輻射熱の違い? (w)
まあ きっと コノハナサクヤヒメ の神様も
順番こに回っていくので時間がかかるのでしょう

4枚めの画像は ウチの庭の 桃の木の花
桃の木も 小さいのが何本かありますが
満開はこの木だけ   あとは まだ蕾 w

ソメイヨシノと同時に咲くこともあるミツバツツジは まだ蕾が膨らむに至っていませんw
自然の・・ 植物たち は 
それぞれ自分の 今後の望ましい生育環境を
気温や湿度や日照 風 大気圧 などから類推して 咲く時期をコントロールしているのでしょうねぇ (ほんまかいな)

もう田植えの準備にかからないといけない時期ですが
この調子だと・・ 今年 もう少しゆっくりしててもいいのか w
とはいえ 陽が差すと  
えー こんなに陽が高いの? なんでこんなに 暑くなるねん?
という日があってもおかしくない頃
夜 もう 東の空に麦星が 高くなってきていますからね

なんだか よくわからない 日本と世界
それも もしかして自然の不順に起因(相関)しているのかも


P.S.
毎週土曜に 楽しみにしていた
綾瀬はるかさん主演の 「精霊の守り人」 seasonU
が 終わってしまいました
綾瀬はるかさんファンには とても見応えがありました
また 共演の人たちも輝いていました

ただ
もろ手を挙げて喜ぶ出来かというと 疑問もあって
アクションは素晴らしいのだけれど 4K という高精細映像を使って 放送局がどういう作品にしたいのか
(せっかくの4Kというので 4Kテレビを買った) woyajiには 
よくわからなくて
美しいのか というと 美しいシーンはそれほどない
むしろ 異国感や異時代感?を出すのに
ゴチャゴチャ感や不気味感を前面に出して・・

たしかに 単純 単調なイメージはまったくない
独特の味の作品  とは思う

で 視聴率を取りたいのか こだわってないのかw
(「一般受け」はしない のではなかろか)
(☆woyajiが思うに
アクション重視なら ブルース・リーの映画のように
戦う者の もっと肌を出せ  と
筋肉の動き 肌や汗が見えると 人はコーフンする
 
映像によるリアリティだけじゃなく
視聴者のエキサイト感? 感受性?を刺激する方法を 併用すべきじゃないか と  

綾瀬さんを裸にしろ といってるワケではありませんw)


woyajiとしては BRDを買うか買わないか
ちょっと迷うところ
season T 買ってあるし たぶん
また買うことになる と思うけど ・・・

続き season V は 11月から
ついに 長かった撮影収録も終わったらしいですが
season Uを何度も見返したくなるような
素晴らしい高揚感 のある出来になってることを 祈っています

綾瀬さん 共演者・スタッフのみなさん
大変な撮影(←これは推測できる) ご苦労様でした

 







[ 1 - 5 件 / 734 件中 ] 次の5件 >>